voicyを100倍有効活用!聴きながらできるスマホメモの取り方

ライフスタイル

無料でインフルエンサーや有名人の話をラジオ感覚できけるvoicyというサービスをご存知だろうか?

多くの人が声一本で配信をしているので、何か作業をして手が離せない時でも移動中であったとしてもイヤホンさえあれば、情報収集をすることができる優れものだ。

配信時間も大体が10分程度を一括りにしているので、短時間あれば利用できる。

今回はそんなVoicyを聞き流すだけでは勿体無い!必ずメモを取りながら聞く習慣をつけたくなるようなワザを紹介します!

voicyって何?

そもそもvoicyとはなんぞやという話になって来るんですが、簡単に言えばたくさんの配信者がいるラジオ。

お気に入りの配信者が配信した数ある情報を自分の好きな時に聞けるというサービスです。

voicy

実際に行ってみるとわかると思いますが、本当に多くの配信者がいて様々なジャンルの情報が配信されています。

本当にたくさんの配信者がいますので、まずは色々聞いてみてまずは自分のお気に入りの配信者を見つけましょう!

聞き流すだけじゃもったいない!

voicyは音声メディアという性質上、動画メディアに比べると情報が耳だけから入ってくるだけになってしまうので、動画がこれだけ流行っている今の状況だと何か物足りないと感じてしまうかもしれません。しかし、音声だけに絞って神経を集中することでより情報のインプットが研ぎ澄まされると私は信じています。

しかし、あくまで音声メディアなので、集中して聞かないとただ音を聞き流して鼓膜を振動させているだけになってしまいます。せっかくvoicyを聴いているんですからそんなことでは勿体ないです。集中して聴くためにおすすめしたいのが、メモを取ることです。

メモの取り方

voicyの魅力が十分に伝わったかと思いますので、ここからはvoiceを聴きながら行う私なりのメモの取り方を紹介します。

スマホでメモを取る

私は通勤時間中の15分くらいをこのvoicyを聴くことに当てています。

電車通勤なので、スマホ一台さえあればvoicyを再生しつつ、メモアプリでメモを取ることができます。

メモをするときにおすすめのアプリはなんといっても「Google Keep」ですね。無料で使えて、背景色を変えられます。さらに最近はリッチテキスト形式にも対応したので、文字の大きさも変更可能になったので、メモを取るときに見出しをつけやすくなりました。

まぁメモアプリはなんでもいいんですが、とりあえずvoicyを聴くときはスマホでメモを取るようにしましょう。

メモを取る際に必ずやってほしいことはその日に聞いた日付とvoicyの日付を一番上に書くことです。

日付をつけることで自分がいつこれを聞いてメモしたのかが分かるのと、日付があることで毎日やらないとやらない日があったりすればあの時自分はサボってしまったんだなとか、逆に毎日継続していたら自分はやれていたんだなというモチベーション管理にもつながります。また、タイトルを書くことであとで見返した時にどういった内容なのかを見つけやすくすることができます。

また、お気に入りの配信者が複数人に渡る時は配信者ごとにメモのページを分けた方がいいでしょう。

メモの一例
私が実際にvoicyを聴きながらメモを取った時の一例を紹介しますので参考にしてください。

2023/10/19
⭕️行動目標の立て方
①早めに予定を組む
 やらないといけないと自分の中で決心する
 例)予約をする、スケジュールに入れる
②ご褒美を上手に利用する


要約力を鍛える

スマホの場合、画面の大きさが限られています。voicyで配信者が発する言葉をそのまま書き留めていたらダラダラと文章が続き、スマホ画面一面が文字だらけのいわゆる壁文字になってしまいます。

あとでそのメモを見返した時にそんな状態では見返す気も失せますよね?

そこで、メモを取るときは配信者が発する言葉の重要なところだけを掻い摘んでメモに落とし込んでいきましょう。そこで必要となるのが、要約力です。

配信者が一つのことに長いことを喋っていても伝えたいメッセージである核心部分はある程度話を聴いていれば、分かってくるでしょう。ひたすら配信者の言っている言葉を一言一句をスマホに打ち込むのではなく、自分なりの言葉に置き換えてメモしましょう。

また、話の上手な配信者であれば、これから話すことの中に重要なことが三つある場合、事前に「これから三つの重要な点があります・・・」と言ってくれるはずなので、それを聞いたらすかさず、先に①、②、③と行を空けてあらかじめ入力しておき、順番に話してくれる重要なポイントを①から順に聞いて要約すればいいんです。

倍速に慣れる

voicyでは配信内容を聞く際にスピードを最大2.0倍速まで上げることができます。

はじめは配信者の話す内容を等倍速で再生してメモするだけでいいです。しかし、メモを取ることや要約力が鍛えられてきて慣れてきたなと思ったらぜひ一度再生速度を上げてみてください。

voicyを聴くこと自体は音声メディアなためとても単調で刺激があまりありません。そのため、一度慣れを感じてしまうと飽きてきてちゃう可能性が大いにあります。その飽きを解消するには自分の限界を突破することが重要で、その簡単な方法が再生速度を上げるなのです。再生速度は再生画面の1.0xと書かれている箇所を押すだけで変更が簡単です。押すたびに、1.2倍速、1.5倍速、2.0倍速と変わりますので、自分が少し聞き取るのが難しいなと思う速度で一度トライしてみましょう。

ちなみに私は現在デフォルトで2.0倍速で聞いていますが、慣れてきてしまっているのでもっと速い速度があればいいなと感じています。

毎日行う

さて、ここまで三つのメモの取り方を教えてきましたが、やり方は大体つかめたでしょうか?

やり方さえわかってもらえれば、あとはひたすら繰り返すだけです。最初のスマホのメモの取り方はすぐできそうだと思いますが、二つ目と三つ目の要約力を鍛えることと倍速になることはそんなにすぐには身につきません。では、どうすればいいかというとそれは継続してやることです。できれば、毎日行ってください。はじめは自分の能力の無さに落ち込んでしまうかもしれませんが、継続していけば、いつかは形になるものです。気づいたら進化した自分になるのも夢じゃないですよ。

続くか心配だという方は毎日の行動の中に嫌でも組み込んでルーティーン化することをオススメします。私の場合は、電車通勤時の中で15分間だけはvoicy時間と決めていて、それを毎日続けています。

どこに組み込めば毎日続けれそうか一度自分の1日の流れを把握してみましょう!

最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。

今回は音声プラットフォームvoicyを使って、聴きながらメモを取る方法を紹介しました。

voicyは自分の好きな配信者の音声を聞き流すだけでもいいかもしれませんが、もっと有効的に活用するには絶対にメモを取りながら聴いた方がいいです。

特にメモの取り方で紹介した要約力は鍛えれば鍛えるほど物事に対する抽象度が上がっていくので、オススメです。

voicyをより有効活用できるようあなたの毎日の糧になれれば幸いです。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました