【長期使用レビュー】iPad miniを一年以上使って感じた魅力3選!

ガジェット

iPad mini第6世代を購入して一年半近くが経ちました。
すでにiPad Proの11インチと12.9インチを持っていた中で、本当に使うのだろうかと半信半疑な思いで当時は購入を決意しましたが、蓋を開けてみれば今ではこれが一番使用しているiPadとなっています。

そこで今回は一年以上iPad miniを使った私がなぜこの端末が素晴らしいのかをまとめてみました。

手にしっくりくるサイズ感

iPad miniの最大の特徴としては他のIPadとは比較にならないくらい小さくて軽いことです。
その上のサイズにあたるiPad10.9インチモデルと比べてみましょう。

大きさ
10.9インチモデルが248.6 x 179.5 x 7.0 mm
miniが195.4 x 134.8 x 6.3 mm

重さ
10.9インチサイズが約470g
miniが290g
その差は約200gとなり、大体スマホ一台分の違いがあります。

数値だけではとても実感は湧かないと思いますが、操作性で言えばiPad10インチだと両手で支えてやっと色々な操作ができるのですが、iPad miniだと頑張れば、片手で支えながら色々な操作ができます。おまけに重さの関係でiPad 10インチだと手に持ちながら連続して操作するには510分くらいが限界ですが、iPad miniはその軽さから無限に持てちゃいます。両手で持つ時はもちろん長時間持つことができますし、片手でも持っていたとしても持っている手が疲れてきたら、もう片方の手に持ち替えることで長時間の使用が可能です。

IPad miniは大きさ、重さ、持った時の疲れにくさ
どれをとっても手にしっくりくる至高のiPadだと思います。

読書に最適

読書好きで電子書籍で読むこととに抵抗がないのであれば、iPad miniは最適なデバイスだと思います。

電子書籍を読むにはKindle端末も候補に上がってくるかもしれませんが、操作性がもたつくことと自分が重要なことだと思ったところに線を引こうと思ったらうまくいかずイライラすることが多かったので、私には合いませんでした。本体は軽くて紙で読んでいるような画面で非常に読書に向いているとは思うのですが、快適な読書ライフを満たせるためには技術発展にもう少し時間がかかりそうな感じです。

話をiPad miniに戻しましょう。まず一番のメリットとしては様々な電子書籍アプリを入れることができることです。これがあるため、自分が色々なサイトで電子書籍を購入していたとしてもiPad mini一つあれば、事足りてしまうんです。私の場合は、kindleアプリはもちろんのことあとは楽天のkoboアプリとDMMブックスを入れています。

第二のメリットはB5サイズという読書にとってはちょうど大きさなことです。読書をする上で一番最適な大きさは文庫本ではないでしょうか。iPad miniを横持ちするとちょうど文庫本で読んでいるような感じで両手にすっぽりと収まります。さらに、1ページに収まる文章量と文章の周りの空白スペースも加味すると一番本が読みやすいですね。

スマホで電子書籍を読んでいる方がいらっしゃるかもしれません。私も一時期それで読書を行っていたこともありますが、1ページに表示される文字量の少ないことに加えてページ捲りの回数が多いこととが不満点でした。このiPad miniで読書を始めてからはそんな不満もなく、非常に快適に読書が進められています。

第三のメリットは持ち運びにちょうどいいサイズなことです。
これは先ほどのしっくりくるサイズ感でも説明しましたが、B5サイズなことで小さめのバッグに入れていろんなところに持ち運びができます。私は外出する際はワンショルダーにiPad miniを突っ込んで外出先や移動中に本が読みたくなったら、iPad miniを取り出して読書をしています。これ以上大きなサイズとなるともう少し大きなバッグが必要となるでしょうし、重さもあるため持ち運びに苦労するはずです。

スマートグラスに繋げられる

端末に繋げることで目の前に大画面が現れるタイプのスマートグラスXreal(旧:Nreal)を所有しているのですが、普段使いのスマホがPixel端末なので、画面を外部出力できないんです泣。Xrealに対応した外部出力可能なスマホ端末をわざわざ買うのもどうかなと感じているので、外部出力が可能なiPad miniを繋いで活躍してもらっています。iPad miniは外出する際に常にカバンに入れて持ち歩いているので、合わせてXrealさえ持っていければ、外で大画面の環境を楽しむことができます。

私はもっぱらXrealを映像コンテンツ消費に利用しています。iPad miniでYoutubeなどの動画コンテンツを再生させながら、XrealでUSB接続すれば、目の前に大画面が現れてとても簡単にコンテンツを楽しむことができます。

スマホやタブレットで動画を鑑賞する時、端末を腕で支えながら行っていると思いますが、これが思ったよりも体の負担と疲れに繋がっています。おまけに首にも負担がかかり、現代病のストレートネックに陥っている方も少なくないでしょう。

これが、スマートグラスをかければスマホやタブレットの画面を手や腕の力を使わずにただ前を見るだけで叶うんです。肩こりやストレートネックの解消にもIPad mini × スマートグラスの組み合わせは非常に優れていると思います。ただ、懸念点としては日本ではあまりサングラスをかける人がいないので、外で使うには少し勇気が必要ということです。ちなみに私はあまり人の目を気にしないので、普通にバンバン外で気兼ねなく使用しています笑

スマートグラスに関する記事も紹介しておきます!

最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。

今回はiPad miniを一年半使用した私がiPad miniをお勧めする理由を紹介しました。
家でゴロゴロする時でも外に持ち運ぶ時でもどんな時でも手軽に使える万能型のiPadだと思います。
IPad miniって実際のところどうなのかな?と思っている方や購入するか迷っている方の参考になれば幸いです。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました