一年後には別の自分になれる!一日一つ新しいことに挑戦してみよう

ライフスタイル

毎日同じことを繰り返して生活していると日々の行動が次第にルーティン化され、頭は凝り固まってきてしまいます。
それを解消する唯一の方法は新しいことに挑戦することです。そうすることで日常に刺激を取り入れることができます。それを毎日繰り返せば、あなたの人生がより豊かになること間違いありません。

今回は、素晴らしい習慣の一つである一日一つ新しいことに挑戦することのメリットや、具体的な挑戦方法について紹介します。

一日一つ新しいことに挑戦するメリット

脳が刺激される

新しいことを経験することで、脳の活性化が促進されます。
脳を使うことで、認知機能や記憶力の向上につながります。

自分の成長につながる

新しいことに挑戦することで、自分自身の可能性を広げることができます。
自己成長につながるため、自信ややる気がアップします。
一日一個新しいことに挑戦することで一年後には単純計算で365個も自分が体験していないことを経験していることになります。
この事実を知るだけでも一年前の自分と比較しても単純に自分が成長していると実感できます。

楽しさを味わえる

新しいことに挑戦することで、新しい発見や面白さを体験することができます。
楽しい体験をすることで、ストレス解消にもつながります。

自分の新たな一面に気付ける

今まで挑戦したことがなかった新しいことを始めることによって、今まで気づかなかった自分自身の能力に気づくことができるかもしれません。
人間は一度自分の限界を感じてしまったらそこで成長が止まってしまいます。
自分が少しでも興味があるのであれば、それをやってみましょう。もしかしたらその挑戦があなたの隠れた才能を引き出すきっかけになるでしょう。

一日一つ新しいことに挑戦する方法

目標を設定する

挑戦することを決めたら、まずは目標を設定しましょう。
目標を明確にすることで、やる気やモチベーションを保つことができます。
ここで注意して欲しいのは目標は一気に高い目標を掲げるのではなく、小さな目標を掲げることが重要です。いきなり高い目標を掲げてしまうと目標達成に多くの時間と労力がかかってしまい、なかなか達成できずに途中で投げ出すことになってしまいます。
少しずつ段階を踏んだ目標を設定するのがコツです。

やりたいことリストを作る

挑戦したいことは必ず紙やスマホのメモ帳へやりたいことリストを作成しましょう。
頭で思っているだけでは絶対に忘れてしまうので、必ずこの作業は必要です。
自分がやってみたいと思うこと、興味のあること、新しいことなどをこのリストにまとめてみましょう。

毎日地道に一つずつコツコツと

リストが作成できたら、その日から毎日一つずつ新しいことに挑戦あるのみです。
どんな小さなことでも構いません。続けることが重要なのです。
1日5分でも10分でも構いません、新しいことにコツコツ地道に向き合いましょう。

記録する

新しく挑戦したことを記録しておくと、自分自身の成長を実感することができます。
挑戦したことを後々振り返ることで、新たな発見があるかもしれません。
私の場合は日記を毎日書いていますが、そこに新しく挑戦したことに対する記録を必ず取るようにしています。あとで見返した時も自分がこの日に何に挑戦したかを簡単に振り返ることができ、自信にもつながっています。

どんな新しいことを始めたらいいの?

一日一個新しいことに挑戦することへのメリットや方法がわかったあなたのために具体的にどんなことを始めるべきか。そんな一例を紹介します。あなたのやりたいことリスト作成のヒントにしてみてください。重要なのは自分自身が興味を持って、楽しめることを見つけることです。

新しい趣味を始める

新しい趣味を始めることによって自分自身を刺激し、新しい経験を得られるチャンスになります。
自分が好きなことや、興味を持っていることを見つけて、それに挑戦してみることが大切です。

趣味一例
  • ヨガ
  • 瞑想
  • スポーツ
  • キャンプ
  • 音楽鑑賞
新しい場所を訪れる

まだ訪れていない新しい場所へ訪れることで、新しい文化や風景を体験することができます。
自分がまだ行ったことのない場所を調べてみて、行きたい場所が見つかったら旅行を計画してみるのも一つの手です。

初めての人と会う

人と会うことで自分が持っていなかった新しいアイデアや視点を得ることができます。
今ではオンラインで気軽に人とコミュニケーションが取れる時代になっています。
オンライン上で知り合った人と気があったら対面で会うなど交流してみるのもいいでしょう。

新しい言語を学ぶ

新しい言語を学ぶことで自分が知らなかった文化や視点を理解することができます。
言語にはその地域独特の文化が存在し、それが言語に反映されていることが多いです。
日本語しか知らなかった場合は日本の文化圏でしか物事を考えることはできませんが、他言語を学ぶことでその地域で重要視されていることや文法的特徴を背景に思考することができるようになります。
まずは自分が興味を持っている言語を学び、新しい言葉や表現方法を覚えることが大切です。

新しい料理を作る

自炊する場合、だいたい作る料理はパターン化していき、決まった料理しか作らなくなる傾向があります。
新しい料理を作ることに挑戦すれば、新しい味を味わう経験が得られ、今までは気にも留めなかった食材を手にとるチャンスにもつながります。
身近なところでは中華料理から始めてみて、コツが掴めてきたらタイ料理やアラブ料理など普段口に触れない料理にも手を伸ばせばレシピの幅も広がるはずです。

今まで興味のなかった分野の本を読む

自分が今まで全く興味のなかった分野の本を読むことで、知識の幅が広がり、自分が持っている知識と組み合わせることで新しいアイデアを得ることができるかもしれません。
私の場合は学生時代地理や世界史、生物学を学んでこなかったんですが、これらの本を成人した後に改めて読んでいると新しい知識が頭の中に入っていき、知的好奇心が刺激されています。
まだ読んでいない分野の本を探して、積極的色んな分野のの本を読書をすることを心がけましょう。

新しいことを始めるための重要なこと

毎日新しいことを始めるためには、なんといっても時間管理が重要です。
例えば、毎朝少し早起きして、新しいことを始める時間を確保することができます。
新しいことを始めることとで、自分の人生をより楽しく、豊かに、よりそして成長する機会を提供することができます。
自分の今まで体験していなかったことに日々挑戦し続け、新しい経験を通じて自分を成長させるために毎日新しいことを始める習慣を身につけてみましょう。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

一日一つ新しいことに挑戦することで、脳を刺激し、自分の成長につながり、楽しさを味わうことができます。ぜひ、目標を設定し、リストを作り、毎日一つずつ挑戦していきましょう。

小さなことでも挑戦することで、日々の生活に刺激を取り入れることができます。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました