【小学生向け】読書感想文の書き方をchatGPT4.0を使って学んでみよう!

ライフスタイル

夏休みの読書感想文。誰もが一度は苦労したあの宿題。
皆さんはその名前を聞いてどう思いましたか? 

「またか…」とため息をつく?
それとも「どうしよう…」と不安になりましたか?

そう、読書感想文は夏休みの楽しみを一瞬で台無しにする”嫌われ者”として知られていますよね。
嫌われている理由はその”作成方法”が分からないからなんじゃないかと私は思っています。

しかし、もうそんな心配をする必要はもうありません。なぜなら、作り方が分からないのであれば、噂の文章生成AI「ChatGPT-4.0」にお願いして読書感想文の素晴らしいお手本を出して貰えばいいんです!

さあ、夏休みの嫌われ者読書感想文を自分の子供が少しでも手をつけられるように親がまずはその流れを掴んでいくことが大事です!
どんなに難しそうな本でも、ChatGPT-4.0と一緒なら、読書感想文はもう怖くありません。
では、早速、その作成例を見ていきましょう。

なお、出力された文章は日本語がおかしい部分をこちらで微修正はしています。
小学五年生の男子が書く読書感想文という設定で出力してもらっています。

『銀河鉄道の夜』 著:宮沢賢治

タイトル:夢と冒険の旅 917文字

 僕は、『銀河鉄道の夜』を読んで、夢と冒険の世界に引き込まれました。この物語は、ジョバンニとカムパネルラという二人の少年が、銀河鉄道に乗って星々をめぐる旅をする話です。最初は、実際に銀河鉄道なんてあるわけないと思っていましたが、物語の中に入っていくうちに、銀河鉄道の世界がとても魅力的に感じられました。
 この物語では、ジョバンニとカムパネルラが銀河鉄道に乗っていく中で、いろいろな星や惑星に立ち寄ります。それぞれの星には、違った物語がありました。例えば、天の川を掃除しているおじいさんの星や、死んだ人たちが集まってくるコバルトの星など、どの星も面白くて、僕も一緒に旅をしているような気分になりました。また、ジョバンニとカムパネルラの友情がとても印象的でした。僕も友達と一緒に遊んだり、話したりするのが好きなので、二人の仲の良さが羨ましかったです。特に、カムパネルラがいつもジョバンニを助けてくれるシーンがあり、僕は友達の大切さを感じました。僕も友達を大切にし、助け合いたいと思いました。物語の終わりには、ジョバンニとカムパネルラが別れを告げるシーンがあります。僕はその場面で思わず涙が出てしまいました。カムパネルラがどんなにジョバンニと一緒にいたくても、運命が二人を引き裂くことになるとは、とても悲しいと感じました。でも、ジョバンニは、カムパネルラとの別れを乗り越えて、自分自身を強くしていくことができました。僕も、友達との別れや困難な状況があっても、強くなって立ち向かっていきたいと思います。
 『銀河鉄道の夜』を読んで、僕の心に残った言葉があります。それは「宇宙は広くて、どこまでも続いている。だから、僕たちの夢もどこまでも続くんだ」です。僕たちの夢は無限に広がり、どんなに大変なことがあっても、夢を持ち続ければ乗り越えられるということを教えてくれています。
 最後に、『銀河鉄道の夜』は僕に夢と冒険の世界を教えてくれました。銀河鉄道に乗って、僕も星々をめぐる旅に出たくなりました。僕は、実際に銀河鉄道に乗ることはできませんが、本を読むことで、心の中で旅をすることができます。これからもたくさんの本を読んで、心の旅を続けていきたいと思います。


『ごんぎつね』 著:新美南吉

タイトル:優しさと哀しみの物語 843文字

 僕は、『ごんぎつね』を読んで、優しさと哀しみに満ちた物語に心を動かされました。この物語は、山の中で一人で暮らしている小さな狐のごんと、村に住む少年・天道くんの出会いを描いた話です。物語が進むにつれて、ごんと天道くんの関係がどう変わっていくのか、僕はワクワクしながら読みました。
 この物語では、ごんが天道くんに懸ける思いが印象的でした。最初、ごんは悪戯をして天道くんを困らせることが楽しいと思っていましたが、だんだんと彼に対する気持ちが変わっていきました。天道くんが困っているときや、彼を助けたいと思う気持ちがどんどん強くなりました。僕は、ごんの心の変化がとても面白かったです。また、物語の中で、天道くんの優しさや思いやりに触れることができました。例えば、ごんが天道くんに悪戯をしても、彼は怒ったりしないで対処していました。僕も、困ったことがあっても怒らず、相手の気持ちを理解しようとする天道くんのような人間になりたいと思いました。しかし、物語の終わりに、ごんが天道くんのために命をかけて行動するシーンがあります。僕は、その場面で涙が出ました。ごんがどれだけ天道くんのことを大切に思っていたかを感じると、胸が痛くなりました。そして、天道くんもごんのことを大切に思っていたことが分かりました。
 『ごんぎつね』を読んで、僕の心に残った言葉があります。それは「人間も狐も、心が通じあえば友達になれるんだ」です。この言葉はたとえ違う生き物でも、心が通じあえば友達になれるということを教えてくれます。僕は、この言葉を忘れずに、これからの人生で出会う生き物や人たちと心を通わせて友達になりたいと思います。
 最後に、『ごんぎつね』は、僕にとって心に残る物語でした。心温まる物語の中にも、悲しみや別れがあることを教えてくれます。僕は、この物語を通して、喜びや悲しみを共に感じることができる人間関係を築いていきたいと思います。これからも、たくさんの本を読んで、人間関係や人間の心について学んでいきたいと思います。


『スイミー』 著:レオ・レオニ

タイトル 協力と勇気の物語 864文字

 僕は『スイミー』を読んで、協力と勇気に満ちた物語に心を動かされました。この物語は、小さな黒い魚スイミーが、仲間の魚たちと協力して海の冒険を楽しむ姿を描いています。スイミーは、大きな魚に襲われる仲間たちを助けるために、みんなで力を合わせるアイデアを考えます。物語が進むにつれて、スイミーと仲間たちがどのように協力して困難を乗り越えるのか、僕はワクワクしながら読み進めました。
 この物語では、スイミーと仲間たちの協力が印象的でした。スイミーは、仲間たちと力を合わせることで、大きな魚から身を守る方法を見つけます。そして、彼らは一つになって大きな魚に立ち向かい、海の冒険を楽しむことができました。僕は、スイミーたちが互いに支え合い、助け合う様子がとても美しいと感じました。僕は、友達や仲間と力を合わせることの大切さを感じました。これからも、僕は友達や仲間と力を合わせて、助け合いながら生きていきたいと思います。また、スイミーが勇気を持って仲間たちを助ける姿に触れることもできました。例えば、スイミーは仲間たちが危険にさらされることを知り、彼らを助けるために勇気を持って行動しました。困難な状況に立ち向かう勇気や、友達を助けるために行動することの大切さを学ぶことができました。
 『スイミー』には僕の心に残った言葉があります。それは「一緒に力を合わせれば、どんな困難も乗り越えられる」です。この言葉から友達や仲間と力を合わせることができれば、どんな困難も乗り越えられると教えられました。僕は、この言葉を忘れずに、友達や仲間と力を合わせて生きていくことができる人になりたいと思います。
 最後に『スイミー』を読んで、僕は協力や勇気を持って困難に立ち向かうことの大切さを感じることができました。また、友達や仲間と力を合わせて助け合うことの素晴らしさを学びました。僕は、これからもたくさんの本を読んで、協力や勇気、友達との助け合いについて学んでいきたいと思います。そして、スイミーのように、友達や仲間と力を合わせて生きていく力を持ち続けたいと思います。


最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。
今回はChatGPT4.0に小学生の読書感想文を書かせて、そのお手本を参考にして読書感想文の作成に悩める小学生の悩みを少しは解決できたんではないでしょうか?

今回紹介した三つの読書感想文に共通する文章構成は以下の通りじゃないのかなと思いました。

読書感想文の構文
  1. 簡単なあらすじを紹介
  2. 本を読んで感じた感想
  3. 本の中で一番自分の中で心に刻まれた言葉
  4. この本を通じて自分が学んだ教訓

ChatGPT4.0が出力した流れなので、この構造さえ守れてさえいれば、読書感想文はもう怖いものなしなのではないでしょうか。

あなたのお子さんが読書感想文の作成に悩んでいるのであれば、是非とも参考にして作り方を教えてあげてください。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました