【Pocket Change】 家に眠っている外貨を電子マネーに変えられる神サービス

サービス

海外旅行で心ゆくまで楽しんだあと、日本に帰国してに今までお金に関して困ったことはないだろうか?私の場合はどの国に行ってもいつもその問題に困っていました。
それは海外旅行で使用して余った外貨を全てを日本円に変える後に生じる端数だ。

この端数がコインであったり、小額紙幣であったりするだろう。また、海外旅行先で受け取ったコインは両替することが困難なのが曲者。

泣く泣くそんな少額の外貨を家に持って帰ってき念のために取っておくのはいいものの、その国に行くことがなかなかないのであれば、日本で絶対に使用することができないので、ただの置き物と変わらない。

しかし、そんな不満を解消してくれるサービスが登場していました。
その名はPocket Change
次から次に素晴らしいサービスが出てくれるのは嬉しいですね。

今回は海外旅行からの帰りに余った外貨を電子マネーに交換してくれるPocket Changeを紹介します。

どんなサービスなの?

Pocket Changeは日本の空港や駅、ショッピングモールに設置された機械に外貨を投入するだけで、指定の電子マネーに交換が可能なサービス。海外旅行から帰ってきたり、家に眠っていて使用予定がない外貨を簡単に日本で使用できる電子マネーに一瞬で交換できてしまう優れものだ。設置された端末は小型自販機や銀行ATMのような見た目で、操作も直感的で分かりやすいのも特徴。

交換可能な電子マネー

日本にはたくさんの電子マネーが存在するため、交換先が限られているのであれば、利用を躊躇するだろう。しかし、電子マネーの交換先は主要なものを押さえているので、使い勝手が非常にいい。

主要な交換先

・交通電子マネー(Suica,Pasmo,ICOCA など)
・楽天Edy
・Amazonギフト券
・WAON
・Nanaco
・JCBプレモデジタル

また、日本以外の国で使用できるクーポンや電子マネーも多数存在するので、もし、他の国に旅行などを考えているのであれば、利用してもいいかもしれない。

海外の主な交換先はこちらに詳しくは掲載されています。

どこにあるの?

全国の空港や駅、ショッピングモールに設置されている。

私が住んでいる近畿県内だとなんとドンキホーテやゲーセンのタイトーステーションなんかにも設置されているので、ふらっと気軽に利用できる。これからもどんどんと設置場所を増やしていくそうなので、今は家の近くにない方もある日突然、近くのショッピングモールなどに設置されている可能性はあります。

より詳しい設置場所はこちらから参照してみください。

実際に使ってみた

家に海外旅行で余って置き場に困っていた外貨が少量だが残っていたので、早速これをPocket Changeを使うことにした。

家でかき集めた外貨硬貨のうち、Pocket Changeで交換可能な外貨

・米ドル
・ユーロ
・ウォン

合計16枚しかなかったが、これを今回交換しようと思います。

家で見積もり額が簡単に分かる

Pocketchangeにはお家で余っている外貨がどれくらいの価値があるのかを写真を撮ることで画像認識AIが一瞬で読み取って算出してくれるサービスがあります。

私も上の硬貨をテーブルに並べて、早速そのサービスを利用しました。

なぜか、存在しない日本円が10円だけ表示されちゃいましたが、ほぼほぼ正確に全ての外貨を読み取ってくれて、しかも日本円に換算してくれました。

自分の家にある外貨が非常にたくさんある方にとってはこれは非常に便利な機能ではないだろうか。

端末で操作

画像判定であらかたの見積りが出たので、早速Pocketchangeの端末が設置されている場所へ向かいます。

端末はボディーの色が緑なので、非常に見つけやすい。
さらに操作方法も流れがシンプルでとても使いやすいです。

画面の「スタート」ボタンを押して操作開始。

外貨の希望交換先を選択

紙幣や硬貨を投入する

ここで家から持ってきたコインを投入
外貨は投入すれば、瞬時にどの硬貨かを判別できちゃいます。

全ての外貨の投入が終わり確定させるとレシートが出てきます。

出てきたレシートに印字されたコードを各サービスに登録するとすぐに残額にチャージされます。
私の場合はamazonギフト券を選択し、すぐにamazonに登録しました。

使ってみてして感じたこと

良かったこと

操作が直感的で分かりやすい
端末のUIがとても一目でわかりやすくシンプルにデザインされているので、直感的に操作が可能で迷うことなく、。

操作完了後にすぐに電子マネーに交換できること
操作が完了すると一瞬でレシートが出てくるため、早い人だと3分以内には交換先の電子マネーを使用することができるはずである。

改善希望点

硬貨の同時投入機能
硬貨を投入する場合、一枚一枚投入しなければならないため、大量のコインを所持している場合は時間がどうしてもかかってしまう。

事前登録制にしてコードをメールで飛ばす
全ての外貨を投入し終え、操作が完了すると電子マネー引き換えのためのレシートが出てくるのだが、電子マネーに登録するためにはレシートに記載されたコードをいちいち入力する必要がある。そういった煩わしさから解放するために会員登録を事前にしておけば、操作完了後にレシートではなく、メールで電子マネーのコードをつけたメールを飛ばしてくれればいいのになと感じた。

最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。

家に眠っていて使うことができなかった外貨を一瞬で自分の普段使っているサービスで使用できる電子マネーに交換可能なサービスPocketchangeを今回紹介しました。

操作も直感的でわかりやすいため、これからは海外旅行からの帰国時は高額紙幣などは銀行で日本円に両替し、両替不可の硬貨などはこのPocketchangeを使用するトレンドになっていくのではないかなと感じました。

家に外貨が眠っていている方は一度トライしてみてはどうだろうか。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました