【2024年版】Google Storeでのスマホ下取りはどれくらいの日数かかる?

サービス

Google Storeでスマホを購入する場合、所有しているスマホを下取りに出すことができます。
機種によっては発売からかなりの期間が経っているにも関わらず高額な査定が出ることも・・・

私は今回Pixel8aを購入する際に一年も使用していないPixel 7aを下取りに出しました。

前回利用した際と方法が少し異なっていたので2024年最新版のGoogle Storeでの下取り方法を交えながら下取り完了までにどれくらいの日数がかかるのかを紹介します。

スマホを注文と同時に下取りを依頼

Google Storeで自分が欲しいスマホのスペックを選んだ後に下取り希望かどうかを聞かれます。

下取りを希望する場合は下取り希望スマホのメーカー、機種名、デバイスは良好な状態か(画面にキズや電源はちゃんとつくか)を順番に回答していきます。次に自分の職業を回答、利用規約に同意して注文手続きを完了してください。

ちなみに私はPixel 8aを5月14日に下取りと合わせて注文をしました。

本人確認作業

注文完了後、注文確認メールを受け取ってから少し遅れて本人確認のメールが届きます。

本人確認メールを開き、「身分証明書を提出する」ボタンをクリックして、身分証明書や自撮り画像を撮影するステップに進みます。

register_screenshot

この本人確認が終わらない限り下取りキットは発送されないので、1秒でも早く下取りをしたい場合はメールが届いたらすぐに手続きを行うようにしましょう。

私の場合は本人確認の作業が終了した一時間後くらいには本人確認完了のメールが届きました。

下取りキットの発送

スマホの発送と下取りキットの発送のタイミングは同時ではありません。
先に注文したスマホが発送され、遅れて下取りキットが発送されるようです。

私の場合は5月16日にスマホが発送され、一日遅れた5月17日に下取りキットが発送されました。

下取りキット到着

スマホはヤマト運輸での発送だったので発送日の翌日5月17日に早々に到着しました。

一方、下取りキットはゆうパケットで発送されたので、発送日の翌々日の5月19日にポスト投函で届きました。

下取りキットの内容物はスマホがすっぽり入る大きさの白い箱と返送用ラベルと風をするためのテープのシンプルな組み合わせです。ちなみに到着時の箱がそのまま返送用の箱になっています。

前回のPixel 7aを購入した時の下取りでは下取りキットは本人限定受取郵便での発送だったため、受け取り前に一度受取人の本人確認をしてからの到着でした。

本人が在宅しなきゃいけないわ。本人確認から下取りキット受け取りまでに日数はかかるわであまりいい印象は受けなかったですが、今回はすんなり下取りキットを受け取れて非常に楽でした。ここらへんの発送方法の変化は下取りがやりやすくなっているなという印象を受けました。

下取り希望スマホの発送

スマホ到着日にはPixel 7aはデータを全てPixel 8aへ写し終えていてすでに初期化は済ましていたので、下取りキットが到着するやすぐに下取りキットにPixel 7aを投入して梱包は完了。

なお、初期化の際はおサイフケータイ機能を使用している場合、おさいふケータイアプリの機種変更手続きも忘れずに行ってから下取りに出すように注意が必要です。

梱包後は郵便局に持って行くかポスト投函のどちらか好きな方法で発送できます。

私は5月20日にポスト投函にて発送手続きを終わらせました。

下取り査定完了

下取り希望端末を送ってから二日後の5月22日に端末の受領通知がメールで届きました。

そのメールには下取りの査定は3-4営業日以内に完了すると記載があったので、前回よりも早く終わりそうだなとこの時は思っていました。

ちなみに今回下取りを出したPixel 7aは購入後すぐにケースと画面ガラスフィルムを付けて使用していたので傷や画面割れはなく、正常に動作しているため満額査定のはずですが、査定が出るまでは少し不安でドキドキしていました。

そこから待つこと7日後の5月29日にようやく査定完了の通知が届き、査定の結果は満額の32,800円で払い出しが確定しました。

price_screenshot

端末の受領通知から3~4営業日以上かかっていましたが、まぁ満額査定だったのでよしとしましょう笑
ちなみにメールには3~15営業日に払い戻しと記載されていますがこの通知を受け取ったその日中にはクレカの決済通知メールが届いていたので、即日払い戻しがされていたようです。

下取りまでにかかった日数まとめ

それでは、今回の下取りにかかった日数を改めて振り返ってみましょう。

  • スマホ注文完了 5/14
  • 本人確認終了 5/15
  • スマホ発送 5/16
  • スマホ到着 5/17
  • 下取りキット発送 5/17
  • 下取りキット到着 5/19
  • 下取り端末発送 5/20
  • 下取り端末到着通知 5/22
  • 査定結果完了 5/29

スマホの注文完了から下取り査定の完了までトータルで15日かかったという結果になりましたが、スマホの注文自体は5/14の夜遅くだったので、実質14日と言ってもいいと思います。

今回は下取りキットがゆうパケット発送なので前回に比べて下取りが早く終わるかなと思っていましたが、蓋を開けてみると結局はほぼ同じくらいの日数がかかっていました。

ちなみに私個人としてはPixel 8aの購入者がたくさんいて下取り査定に思った以上に日数がかかったのかなと勝手に予想しています。

最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

今回は2024年度版のGoogle Storeでのスマホ下取りをするとどれくらいの日数がかかるのかを紹介しました。

前回2023年に利用した時とスマホ注文から下取り完了までの大きな流れは変わっていませんでしたが、下取りキットの受け取りが本人限定受取郵便からゆうパケットになったことが非常に大きい変化となっていました。

おかげで不在時でも下取りキットを受け取れて下取りがより利用しやすくなったことは言うまでもありません。

しかし、下取りキットの受け取りがスムーズになったからといってスマホ注文から下取り完了までにはそれでも最低でも約2週間かかってしまうのは変わっていないのは少し残念な印象でした。到着から3〜4営業日と通知をしていながらそれ以上日数がかかっていたのは事実ですしね。

Google Storeで下取りを検討している方の参考になれたのであれば幸いです。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました