MOFTユーザーでも使用できるか検証!MagEZ Standの白を購入してみた

ガジェット

マグネットでタブレットを固定するスタンドの王様Pitaka MagEZ standのmarble versionを購入したので今回はそのレビューとなります。

スタンドに設置しようとしているタブレットはiPad11インチのProモデルでケースはつけずに運用していますが、iPad単体でもテーブルに置いたときに画面の角度が調整できるように背面にはMOFTを貼り付けています。MOFTには磁石と金属が内蔵されているため、これを貼ったままでもスタンドに設置することができるだろうと予測しての今回の購入となりました。



Pitaka公式では専用のケースもしくはメタルプレートでスタンドに設置できるとしか謳っていないため、購入にあたっては不安でしたがここは自分が人柱になるしかないと購入を決意しました。

購入に至った理由

MagEZ standを購入する前まではiPadの画面下を支えるタイプの簡易的なタブレットスタンドは持っていました。ずっと同じ場所で使用する分には問題のなかったんですが、iPad をスタンドに設置しながら移動する時や何かの拍子に手や腕が当たったり、猫がスタンド近くを通った時にiPadがスタンドから落ちることが多々ありました。

その度にiPadが地面に落ちて画面フィルムが割れたり、本体に少し傷がつくことが多々あるので、ちょっとやそっとじゃスタンドからiPadが落ちず、スタンド自体も土台がしっかり安定しているものを探していました。

色々スタンドを物色していて、これだというものがPitaka MagEZ standだったということです。

価格は一万円ちょっとで、色は現在黒と白の2色販売されており、白は大理石を使っているからか黒よりも2000円も高い価格設定。デスク周りは白を基調に揃え始めている私は機能は同じですが、白を選ぶことにしました。

商品開封

購入品が届き、早速箱を開封。

内容物
  • 土台
  • 支柱
  • 充電ケーブル
  • 背面に貼るメタルプレート
  • 取扱説明書一式

充電ケーブルと背面に貼るメタルプレートは小箱に一式入っていました。

早速、本体の組み立てに取り掛かります。
組み立ては非常に簡単です。

組み立て方法
  1. 支柱パーツと土台部分を組み合わせる
  2. 背面にマグネットでくっついているレンチを取り外す
  3. 土台背面にはあらかじめ組み込まれているネジ2つを固くなるまで回す

よくあるこういった組み立て式の商品であればネジパーツだけ他に小袋で入っていることが多く、それを一つ一つ袋から出して取り付けてくださいという煩わしさがないため、個人的にはあらかじめネジが組み込まれていることが非常に快適でした。

秒でスタンドは完成したので、早速iPadを取り付けます!

MOFTはくっつくのか?

今回このスタンドを購入する前に一番の不安要素だったiPadの背面にMOFTを取り付けてた状態で取り付けることができるのかという問題を早速試してみる。

iPadをスタンドに近づけてみる・・・。

ピタッ!

なんの問題もなくくっつけることができた!

ただし、くっつける位置に注意が必要です。
少しでも位置がずれてしまうとiPadが少しずつ傾いてしまいます。
おすすめの位置はMOFTの折れ目の位置をスタンドの取り付け部の中心部に合わせること。

赤枠の折り目のところがスタンドの取り付け面の真ん中あたりに来るようにしよう

これを目印にすれば、通常の背面プレートや専用カバーを取り付けた時と同様にMagEZ Standを使うことができます。

取り付け後、背面イメージ

画面の方向を変える際もきちんと設置面の磁石に合わさっていれば画面の端っこを持って問題なく回転することが可能。
ただし、設置面がきちっと合わさっていないと画面の端っこだけを持って回転させようと力を加えるとスタンド側の設置面は回転しないので注意が必要。

ちゃんと回らない場合のコツとしては回転させる際はタブレットの端だけを持って回転させるのではなく、タブレットの中心部分とスタンド側のタブレット設置面を手で挟みながら回すと綺麗に回ってくれる。

こういったことが煩わしい場合はMOFTでのタブレット運用を諦めて、メタルプレートや専用ケースの購入を検討してもいいだろう。
メタルプレートや専用のケースをつけたままだと画面の端っこを持って回転させるとスタンドのタブレットとの設置面は一緒にくるくる回ってくれるためスムーズな画面の向きの切り替えが可能である。

私はMOFTで運用していない別のiPadにメタルプレートを取り付けてストレスなく画面方向の切り替えができている。
ちなみにメタルプレートを取り付けたままでもMagic keyboardを使用することは可能ですよ。

購入後の感想

一言で言えば、タブレットスタンドとしては高額な部類にはなってしまうが、非常に満足のいく一品であることは間違いない。

不安点だったMOFTをつけたままでも使えるかということも、取り付けや方向転換の際に少し手間はかかってしまう場合もあるがコツを掴めば苦にならないレベルのことだと個人的には感じる。

しかし、全てに満足いっているかと言えばそうではない。

土台の底面には設置する際に固定できるよう粘着テープが四隅に貼られてある。
最初は滑り止めかな?と思って最初から貼ってある保護フィルムを剥がすとしっかり粘着力があるため、固定するための粘着テープだったと分かった。

iPadを使用するときに頻繁に移動をすることが多い自分にとってはあまり嬉しくない仕様だ。

なぜここを滑り止めにしなかったのだろうか・・・

保護フィルムを貼ったままとりあえず使用しているが、前後左右に揺らすとスタンドが滑ってしまいます。運用中に滑ってどうしようもない場合は解決策として滑り止めテープを購入して底面に貼ることを検討中しています。

買う価値はある?

タブレットスタンドどれにしようか迷っている方は是非とも購入を検討してほしい商品。

価格は一万円を超えてしまい躊躇してしまうかもしれないが、利便性・デザインどれをとっても価格に見合う満足感は得られるであろう。

それに他社がこれに類似した商品を販売していないので、この素晴らしさを味わえるのはPitakaから販売されているこのスタンドだけである。

今回私はPC用品は白で色を統一することを目指しているため白を基調とするMarbleタイプ購入したが、黒に比べると値段が少し高いが色が異なるだけで機能は同じため色にこだわりがなければ黒を購入しても問題ない。

まとめ

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。

今回はPitakaのタブレットスタンドMagEZ stand marble versionのレビューをしました。

iPadの背面にMOFTを貼っていたとしても少しコツがいるが問題なく取り付けることができたので一安心。スタンド自体も使い勝手といいデザインも美しく大変満足しています。

MOFTを取り付けているタブレットユーザーでこの商品を検討している方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました