【時間管理】ポモドーロテクニックにオススメなタイマーはコレ一択!

ガジェット

作業を効率的にする際に最も有効だと言われているのが
ポモドーロテクニックと呼ばれる時間術です。

これは25分間集中して作業に没頭し、作業が終われば5分間の休憩を挟みます。
この25分作業、5分休憩のセットをひたすら繰り返すことで作業の効率が上がります。
何セットか続いたら作業の後の休憩は5分ではなく、15分程度に長くするとより効果が上がります。

ちなみに私は4セット目の作業が終わったあたりで少し頭が疲れてきているのが感じられるので長めの15分の休憩を挟んでいます。

今回はそんなポモドーロテクニックに必須なアイテムを紹介していきたいと思います。

タイマー

ポモドーロテクニックには色々なアプリもでていますが、結局は物理的なタイマーが一番作業効率は爆上がりします。

アプリでもいいんじゃないの?と疑問に思う方もいるのは重々承知です。
アプリを使ってポモドーロテクニックをやっていた時の私もずっとそう思っていました。

ところが、ジャイロセンサーを駆使した直感的な操作方法で自分の思い通りに時間操作ができる体験をするともうアプリには戻ることはできません!

私が使用しているタイマーはこれです。

どんなところが凄いのか紹介していきます。

機能

タイマーには予め5分15分25分45分のタイマーが設定されています。
測りたい希望の時間の数字が書かれた面を上に向けるとタイマーがスタート。
あとはひたすら作業に集中に集中してください。

スイッチは電源スイッチと音量スイッチの二つあります。

電源スイッチ
  • 電源オフ
  • LEDライトOFF
  • LEDライトON

タイマーが終了した時に時間が表示されている上下左右にLEDライトが付いているので、LEDライトONにするとタイマー開始時とタイマー終了時にLEDが点滅するようになります。

音が作業の妨げになる可能性があるので、光で時間を知らせてくれるのはとても重宝しています。

音量スイッチ
  • 音量無
  • 音量小
  • 音量大

もちろん、光だけじゃなくて音でもタイマー開始時と終了時に知らせてくれます。

2段階で音のレベルを調整できるので、音で作業開始と終了に気づきたい方は設定しましょう。

良かったところ

直感的な操作でタイマーを操作できることがこのタイマーの利点です。

簡単にタイマー時間の切り替え可能

ジャイロセンサーは本当に優秀で数字の面を変えると瞬時にタイマー時間が切り替わってタイマーが開始します。。
25分の作業が終わって、5分の休憩をしたい時は数字の面を素早く回転させるだけで簡単にできます。
ただし、作業中にどうしてもタイマーを移動しなければならなくなった時は慎重に面が傾かないように他の場所に移動しないとタイマーがリセットされたり、他のタイマー時間が開始されちゃいますので注意が必要です。

タイマーの一時停止は液晶画面を上に

作業を一時中断したい時が訪れることはありませんか?
そんな時は時間が表示されている液晶画面を上に回転するだけでタイマーが止まります。
作業を再開するときは液晶画面を自分の方に向けるように回転させればタイマーが再開します。

タイマーの終了は白い画面を上に

音が鳴るように設定している時は白い面を上に向ければ止まります。
白い面を上に向ければタイマーはリセットされてしまうので、タイマーを一時停止したい時に間違って液晶画面ではなく、間違って白い画面を上に向けてしまわないよう注意しましょう。

希望改善点

アラームの音が小設定でも少し大きい

アラーム音は大と小の2段階用意されていますが、小でも結構大きな音が鳴り響きます。
個人的には小鳥のさえずりくらいの小さくて心地いいと感じる音がいいんですが、普通のキッチンタイマーの終了音くらい大きい音が鳴り響きます。
音が不快に感じるため、私は音を出さずに光だけでタイマーの終了を確認しています。

電源スイッチと音量スイッチの見分けがつきにくい

操作面はシンプルかつ左右対称なデザインなため、50cmくらい離しておくと電源スイッチと音量スイッチがどっちがどっちだかわからなくなります。
それを解決するために私は電源ボタンの方だけに油性赤マジックペンで色付けしています。
こうすることでパッとみただけでどっちが電源ボタンかがすぐ分かっちゃうのでおすすめです。

時間窓が気持ち小さい

タイマー時間を表示する液晶画面は幅が約2cmなため、あとどれくらい時間が残っているのかが遠くからだと少し分かりずらいかなと思います。
液晶画面が気持ちもう少し大きければ残り時間がすぐに目に入るかなと感じました。
ポモドーロ中は残り時間なんか気にしないよ!という方には問題ないと思います。

まとめ

今回は作業の効率を上げたい時に使えるポモドーロテクニックを使う時に必須のタイマーを紹介しました。

ジャイロセンサーで直感的な操作が操作が可能で、音や光でタイマーの終了を知らせることができます。

今アプリで作業時間の管理をしているという方で痒いところに手が届かないんだよなと感じている方は是非ともこのタイマーの導入を検討してみてはどうでしょうか?

私はこの物理タイマーを導入してからというものアプリでポモドーロタイマーを起動することは一切なくなりました

タイトルとURLをコピーしました