【2023年版】Googleストアで下取りを依頼するとどれくらいの日数かかるのか?

サービス

 GoogleストアでPixel7aを注文した際に同時に2年近く使用したPixel5aを下取り依頼をしました。
今回はGoogleストアで下取りを依頼するとどれくらいで買取が完了するのか紹介したいと思います。

注文と同時に下取り依頼

Googleストアで新端末を注文する際に現在所有している端末の買取依頼するときは非常に簡単です。
新端末の希望スペックを選んだ後にスマートフォンの下取りの項目から下取りに出したい端末の種類を選ぶだけで行うことができます。

私の場合はメーカーGoogleでモデルがPixel 5a(5G)を選び、デバイスの状態は良好だったので、その当時で見積額が20,000円と表示されました。

その後は続行ボタンを押すと年齢、職業と名前を入力する欄があるので全て入力し、下取りのための確認要項欄にチェック入れた後、「下取りを追加」で下取りの準備は完了です。

あとは自分が欲しい端末の決済情報に進めば、新しい端末と下取りキットが送られて来るのを待つだけです。

下取りキット到着

下取りキットは新しい端末の発送とは別便での発送となります。新しい端末は注文日に発送され、その翌日には到着しましたが、下取りキットの発送はそれよりも遅く注文日から3日後に発送されました。

しかも、発送は郵便局の本人限定受取(特例型)という方法で発送されており、一度郵便局から我が家のポストに本人限定受取荷物の到着予定通知の紙が投函され、その通知の紙を見ながら下取りキット受取日時の調整が必要となります。

設定した受取日時で家で待機していると郵便局員さんが下取りキットを配達しに来てくれました。

その際に身分証明書の提示が必要となりますので、私の場合は運転免許証を郵便局員さんに見せる必要があります。本人確認が完了したら無事に下取りキットを受け取ることができます。

追記

2024年5月時点では下取りキットは本人限定受取(特例型)ではなく、ゆうパケットで送られてくるようになりました。ゆうパケットは本人確認も必要なく、ポストに投函されるため、下取りキットの受け取りは非常に簡単になりました。

梱包後発送

下取りキットを受け取ったら箱の中には返送用の送り状と封止め用テープしか入っていません。

届いた箱自体が下取り用の梱包箱になっているので、下取りしたい端末を入れて封止め用テープで封をして、送り状を箱の外に貼るだけで完了です。ちなみに下取り端末は必ず初期化する必要があるので箱に入れる前には必ず注意しましょう。

梱包が終わったら郵便局に持って行くかもしくは近くのポストに投函するだけで簡単に発送ができます。私の場合は家の近くのポストにそのまま投函しました。

下取り完了通知

ポストに投函してから2日後、「下取り対象のスマートフォンを受領しました」という内容のメールが届きました。これより送ったPixel 5aの状態を査定業者にチェックされて下取り金額が確定します。

保護ケースに入れて保護フィルムを貼った状態で綺麗に使って特に操作性も不具合がなかったので、満額の2万円で下取りできるとは思っていますが、実際に下取り金額が確定するまではドキドキです。

そんなドキドキの状態で過ごして三日が過ぎた頃に「査定完了」の内容のメールが届きました。メールの内容を確認すると査定額が無事に満額の2万円で確定して、3〜12日以内に払い戻しが完了すると案内がありました。2年近く使用したPixel 5aは下取りしてPixel 7aの値引き分として利用することができました。

下取り完了までにかかった日数

査定完了の通知メールを届いた数日後には注文時に使用したクレカのオンライン利用明細には通知が届いた日付でGoogle Payment JAPANから二万円の返金が記載されていました。

これで下取りが完了したので、新端末Pixel 7aを購入と同時に旧端末Pixel 5aを下取りを依頼した場合に実際にかかった日数をあらためて時系列で振り返ってみましょう。

注文日 7月7日
下取りキット発送日 7月10日
下取りキット到着日 7月13日
下取り端末発送日 7月16日
下取り完了通知 7月21日

時系列で振り返ってみると私の場合は注文日から14日後には下取りが完了しています。下取りキット到着からすぐに下取り端末を発送できればもう少し早く下取りが完了していたとは思います。

Googleの下取りサービスを1日でも早く完了させたい方は郵便局から本人限定受取通知が投函されたらすぐに郵便局に受取希望日を依頼して、下取りキットが届いたらすぐに下取り希望端末を梱包して返送することをオススメします!

利用した感想

今回初めてGoogleの下取りサービスを利用しましたが、新端末の注文と同時に申し込めることや下取り端末の梱包発送作業が非常に簡単だったため利用して本当に良かったと思いました。

一点難点と思ったのが、下取りキットの受け取りには郵便局の本人限定受取サービスを必ず利用しなければならないことです。郵便局から通知の紙が届いたら郵便局にわざわざ受け取り希望日を連絡するというワンクッションがあることはネックでした。

それさえ除けば、下取りにかかる面倒な作業もなく、綺麗に端末を使っていれば事前に案内されていた満額で下取りされるのは非常に便利なサービスであることは間違い無いでしょう。

最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

今回はGoogleストアの端末下取りサービスを利用した場合、下取り完了までにどれくらいの日数が実際かかるのかを紹介しました。

注文から下取り完了まではスムーズに行けば約2週間程度で完了するはずです。

Googleストアで下取りサービスの利用を考えている方の参考になれば幸いです。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました